アトピーの原因、症状、治療法などを教えます

ステロイド治療法~ステロイド外用薬の効果と副作用

8a.jpgアトピー性皮膚炎の治療で一般的に使われているステロイド外用薬はステロイドの炎症を抑える作用の効果を更に強めた合成副腎皮質ホルモンです。

ステロイド外用薬には様々な種類がありこの効果の強さには違いがあります。

そして様々な種類のステロイド外用薬が症状に応じて処方されているのです。

このステロイド外用薬はアトピーの症状であるかゆみと湿疹を抑える効果があります。

しかし、長期間、作用の強いステロイド外用薬を使用し続けると副作用が出る可能性があります。

例えば皮膚が薄くなったり、細菌・ウイルス・真菌に感染しやすくなったり、ニキビ、吹き出物ができるなどさまざまな副作用が報告されています。

もちろん副作用があることも事実ですがステロイド外用薬の効果も否定できませんので適切にステロイド外用薬を使用する事が大切です。

TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0