アトピーの原因、症状、治療法などを教えます

アトピーの原因~遺伝的要因

3ato.jpg

アトピーが遺伝的な要素を含む事はわかっているのですが、では一体どれくらいの割合で遺伝するのでしょうか。

統計上は片親にアトピー体質があった場合、それが子供に出る確率は約3割。両親ともアトピー体質だと約7割の子供がアトピー体質になってしまいます。

これは非常に高い確率であるといえます。

しかし、これだけではアトピーは説明できないのです。

なぜなら両親や祖父母にアトピー性皮膚炎になった人がいないのに、子供にだけ症状があらわれるといったケースがあるからです。

このような遺伝の仕方を「劣性遺伝」といいます。アトピー体質の遺伝には、こうしたいくつものパターンが複雑に組み合わさっていると考えられており、一義的にどうだと断定できないのが現状です。

またアトピー体質だからといっても必ずしも発症するとは限りません。体質と発症は違いますので。

念のため。

そう考えると同じ遺伝子をもっているのに片方は発症し、他方は発症しない場合があるのはそれ以外の要素、つまり環境的な要因が大きく関係していることを証明することにもなります。


TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0