アトピーの原因、症状、治療法などを教えます

アトピーの検査~血液検査

3a.jpegアトピーの検査法も何種類かありますが、今回は血液検査について解説をしたいと思います。

血液検査を行う事によってアトピーの原因を解明していきます。

好酸球の数、IgE値、IgE-RASTを診断します。

好酸球の数についてですが、好酸球という白血球の数を調べます。アトピーの人は、好酸球の数が多い傾向にあります。

そしてIgE値ですが、免疫に関わるたん白質で、アトピーの人はこのたん白質の数値が増えます。IgE値の診断からは「アレルギー反応」を起こしやすい体質なのかが大よその目安として分かります。

一般的に総IgE値は100~200程度ですが、これ以上になると「アレルギー反応」を起こしやすい体質という事になります。

もっともこれらの数値はアレルギー反応を起こしやすいか、どうかを調べる為のもので、数値が高いからといって、必ずしも症状が重度であるという訳ではありませんし逆に数値が低くても重症化してしまうアトピー性皮膚炎もあるのです。

念のため覚えておきましょう。

最後にIgE-RASTですが、原因と思われるアレルギー物質に対して、陽性か陰性か判断する指数です。数値(0.7以上)が高いと陽性ということになります。

TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0